本来の音楽とは何かを問い続けた結果分かったこと

僕は二才のころから演歌を歌っていた。例えば松村和子さんの「かえってこいよ」です。イントロが流れればピンクのギターのおもちゃを見よう見まねで弾きながら歌っていたといいます。

それからずっと歌い続けてきて親戚の集まりなどでカラオケに行くと叔母さんたちがあれ歌ってこれ歌ってとリクエストをするようになり、その通り歌っていくとすごく笑ってくれたりしていたのです。しかしぼくは、笑われたと勘違いし、馬鹿にされたと受け止めてしまい幼きころから中学二年生まで歌わなくなりました。

中学二年生ではバレー部に入っており、声だしのために友達家族とカラオケにいかなければならない状態になり、結局歌わなければならなくなりました。そこで、すごく上手いと褒められて正直、嬉しい気持ちが込み上げてきました。

そこからぼくはまた歌い始めることができたのです。そしてロックにはまりこんでいきました。とにかくカッコいいものに憧れていたので、シャムシェイド、ジャンヌダルク、Xジャパンなどのビジュアル系を歌うようになっていきました。

それからビジュアル系を極めるまでに至り、今度はいろんなジャンルの歌を覚えるようになりました。小さいころに歌った演歌も時を経て再び歌い、地元のカラオケ大会では優勝まですることもできました。生まれた時から音楽が大好きだったんだなと改めて思いました。

それと同時に長い期間、歌うのやめてごめんねと自分自身にあやまる自分もいました。現在はあの幼きころピンクのギターを弾いていたと言いましたが、本物のアコースティックギターで歌っています。

この数十年の間、喉が潰れて全く歌えない日々もあり、苦しい思い、悔しい思いもしてきましたが、今は低い声から高い声まで十分に歌えるまでになりました。ずっと歌い続けてきた結果分かったことはたったはたった1つでした。

それは音楽は楽しむものだということです。どんな歌唱法、テクニック、節がどうのこうのというのはあまり関係ないと思います。しいて言えば音楽を楽しめば全てがテニス入いる、そう思うとこの頃です。

新しい婦人科の主治医は期待以上に良さそうだった

今日は病院に行って来ましたが今までとは違う医師が担当でした。その理由はセカンドオピニオンを利用したからです。

前の病院で病気が見つからなかったということではありません。前の病院の医師の態度がどうしても気に入らなかったのです。

以前まで通っていた病院で生理痛が酷くて診察した所、チョコレート嚢胞だと診断を受けました。前の病院の医師は当初は穏やかな雰囲気で話しやすい先生でした。ところが数ヶ月前の診察の時、態度がいっぺんしました。

気になることを質問すると、「パンフレット読んでないんですか?」と嫌そうな感じに言い、質問したいことも気軽に質問出来るような雰囲気がなくなっていました。しまいには睡眠薬を処方して欲しいと告げると「精神科行ってください」とそういう態度を取るのです。

このままでは私のメンタル面が持たないということでセカンドオピニオンを決意しました。どこの病院がいいのか、口コミなども載っていないため凄く悩んだのですが、以前母が通院していた私が通っている総合病院の中にある婦人科に行くことに決めたのです。

初めての医師だから会うまでが凄く緊張しました。病院に着くとまずは新患の所で受付をするのですが、そこにこの病院の中で唯一顔なじみの看護士さんが偶然いました。

この方は私が病院の心療内科に通っていた時によくいた方で、この看護士さんとだけはお互いの近況を話したりすることが出来ます。

診察は新患だからか分かりませんが待ちました。凄く疲れました。

そしていよいよ医師と対面したのですが、心配なんて吹っ飛びました。明るい感じでとても良い先生だということが分かりました。前の感じの悪くなった医師とは全く違います。

何が違うって声のトーンで分かりますね。

検査もして頂いたのですが、以前よりも腫瘍が小さくなっていて嬉しかったのですが驚きました。なんとなく自分でも小さくなっているような気がしていたのですが本当に小さくなっていてびっくりです。これからはこの先生の所で暫くお世話になります

MSNの赤ちゃんや動物の動画で心癒される。

今日パソコンでMSNの動画「赤ちゃんが大好きでたまらないワンコ」の動画を見ました。内容はおそらくアメリカ人であろうと思われる0歳か1歳の男の子と2匹の黒い犬が戯れている動画です。

その内1匹はその場を立ち去ってしまうのですが、その場に残ったもう1匹の黒い犬はこの赤ちゃんが大好きみたいです。赤ちゃんの鼻、顔、手などをひたすらペロペロと嘗め回しているのです。

さらに赤ちゃんの耳や口などもペロペロ嘗め回すのですが、赤ちゃんは全く嫌がる様子がありません。隣にいるお母さんも一応赤ちゃんの顔をタオルで拭いてあげていますが、笑い声が絶えません。

この赤ちゃんはまだハイハイができないようでその場から動くことはないのですが、赤ちゃんの方もこの犬が好きなように見えます。人間よりも数段上の嗅覚を持つ犬にとって、お肌すべすべのいい臭いがするのでしょうかね?

これが人間であれば赤ちゃんを見たら、嘗め回すのではなくて、おでこやほっぺたにkissをするのでしょうが、いずれにしても心が癒される動画です。

また別の動画ではスニーカーの中に入った子犬がそのまま眠ってしまうものもありました。あとはサイの赤ちゃんがお母さんのサイの横で泥んこ遊びに夢中になっている動画でした。

このMSNの動画は芸能人など有名人の動画などもありますが、可愛い動物たちの動画が多くてとてもいいです。最近では有名な政治家の方がセクハラをするなど嫌なニュースが多いのですが、このような動画があるととても心が癒されます。

こういった癒し系の動画が見られるのは嬉しいことなのですが、テレビなどでもこのような動画があるともっといいのにと思ってしまいます。

例えばCMなどもその登場人物やせりふ回しなどを工夫して視聴者にインパクトを与えて覚えてもらう必要がありますが、こういった見ている人の癒しになるようなCMがあるともっと楽しく見られる気がします。

いずれにしてもこのような動画があるのは嬉しい限りです。